職種別企業HPサイト

企業の職種別にホームページのパターンが分かれます。同じ業種、職種のサイトは似たパターンのホームページになります。

ラジオボタンを表示

inputタグのtype属性を「radio」にする

複数選択不可の項目は、ラジオボタンを使用するのが一般的です。HTMLではinputタグのtype属性を「radio」に設定します。さらにname属性に同じ値を設定すると、同じname属性のボタン間で1つしか選択できないようになります。さらにそれぞれの項目はvalue属性に送信されたときに受け取る値を設定しておきます。

textareaタグで複数行入力欄を作成

input type=”text”による1行のテキスト入力欄に対し、長い文章の入力も可能な入力欄はtextareaタグで作成します。

textareaタクは下表の属性を設定します(rows• cols属性は必須)。サンプルではname属性で「kanso」という名前を付けて、rows属性を5に設定して5行分の高さで表示し、cols属性を40に設定して半角40字分の幅で表示しています。

selectタグ、optionタグでドロップダウンリストを作成

あらかじめ用意した選択肢をドロップダウンリストから選択させるには、selectタグおよびoptionタグを使用します。selectタグでリストの闘始と終了を示し、optionタグで各選択肢を示します。selectタグ、optionタグにはそれぞれ表の属性を設定できます。ここではselectタクにname属性で「os」という名前を付けています。各選択肢にはvalue属性で送信される値を指定しています。