職種別企業HPサイト

企業の職種別にホームページのパターンが分かれます。同じ業種、職種のサイトは似たパターンのホームページになります。

ショッピングセンターのデジタル化

2020年9月30日 by Posted in: Uncategorized

デジタル化で、変わりつつある小売・流通業界において、どのような方向を目指すのか、各社思考錯誤が続く中、AI導入を決めたある企業では「4つのデジタル化」というビジョンを提示されていました。①接客のデジタル化②リアルの行動・行動要因のデジタル化③体験のデジタル化④商品・在庫のデジタル化というものだそうです。1番目の「接客のデジタル化」 とは、大手通販企業のスマー卜スピーカーが店内の案内役をはたしていることだそうです。 お客様がスマートスピーカーに向かつて、「○○君」と声をかけ、「子ども服はどこで取り扱っているの?」 と尋ねると、スマー卜スピーカーが質問に答えてくれます。これが「接客のデジタル化」の一例だそうです。ロボッ卜にできることはロボッ卜に任せ、人はロボットにできない、もっと高度な接客を心がけていこうということだそうです。2番目の「リアルな行動・行動要因のデジタル化」とは、まさにお客様がショップ内をどう回遊しているのか、それをデータで見える化し、お客様の行動要因を分析し、販売施策に役立てていこう、ということです。AI企業が導入したシステムもそのためだったようです。AIによる顧客行動の分析を目的としたもので、更に「リピート推定」などのツールを用いることで、来店客の館の中での回遊状況を追跡し把握することも可能さらなる定量的なマーケティングが可能となります。3番目の「体験のデジタル化」は店内のショッピング体験を拡張する、といった試みだそうです。4番目は「商品・在庫のデジタル化」は、ロボットが店内に登場し、昼間はお客様の案内役として働き、夜になると無人の店内を自律走行し、店舗内の商品(在庫)RFID(ICタグ)を読み取ることで、販売スタッフの代わりに棚却業務を行なうという実験もされていたようです。今後、ロボッ卜が読み取った在庫データを基にWebサイ卜での注文も可能になるかもしれません。これら4つのデジタル化の質を高めていくためにも、AI企業には更なる質の向上が求められていくことになりそうです。